インドがすごい

先日、NHKの特集番組を見てみました。新聞のTV欄のその番組の見出しに興味を持って。

3回特集でしたが、かなり驚きました。
インドの進化は凄いです。まず、とにかくも力を入れている事が勉強なのですが、なかでも数学ですね。
そして、番組中で採り上げられていた大学に入る事も、インド国内では恐るべき狭き門の様で、数学教育から発するIT・コンピューター分野の開拓は、そのスピードもそうですが、順調な進化の一途を辿っていました。

インド IT

また、順調に発展している都市部の様子は、それこそ、日本の都心部のそれと、景色などもおよそ変わるものではありませんでした。
よくある、大型Shoppingモールとか、服装でも日本の一般的な服装と全く違いはなかったです。
一瞬よぎったのは、これは10~15年前の、まだ自分が学生だった頃の一昔前の日本じゃないか?と。

インドと言ったら、サリー(でしたっけ・・・)という民族衣装を誰もが皆着ていて、近寄りがたい民族文化を厳かに守り続けている、一歩壁の向こうの世界、という印象ばかりでしたが、その番組中では、違うのは肌の色合いとか、言語とか、その程度に思えました。






<<参考記事・筑紫哲也さんの後継人?>>

もちろん、未だ成長途上にある地域との落差が顕著にあって、文化や経済の発展が2極化している様でしたが、
これは、2020年頃にもなれば、日本は多方面でインドに追いつかれているか、抜かれているのではなだろうか?と思いました。
より勉強熱心かと、技術の進歩のスピードで、インドの方が1枚も2枚もうわてを行っている?様に思えた放送でした。


この記事へのコメント