総合的実力の差 井岡一翔vs田中恒成

これほど明確な結果で終わるとは思わなかった試合。

2020/12/31、コロナ渦の大晦日
WBO世界S・フライ級タイトルマッチ井岡一翔vs田中恒成の一戦。

多くのマスメディアの予想と同様に、ただのBOXING1ファンである当方も、予想は僅差での井岡選手の判定勝ちか、と。
しかし、一縷、もしかしたら中盤から後半で井岡選手がKOするかも?・・・と思った側面もありました。

井岡選手はおよそ相手のパンチをもらわないディフェンス技術が一流
パンチ力こそS・フライ級にしてまぁ普通だが、攻撃力、コンビネーションで組み立てる戦術は一流。
そして、世界戦などの世界レベルでの試合でKOで勝っている率もそこそこあり。

田中選手は、スピードこそ井岡選手より速く、パンチ力も井岡選手よりは一枚上でしたが、被弾率は割と高く、又、ここぞ!という強豪との試合であまりKO勝ちしている印象は薄い。
スピードだけ速くてもダメですよ、ボクシングは。

井岡選手も、スピードは普通に速いし、パンチが無いわけではない選手。
こうなると、総合的に視ると、井岡選手の方が優位性は高い様に判断できます。

iokatanaka.jpg

年齢も、田中選手の25歳に対して井岡選手は31歳とは言え、ボクシングで31歳というのはそれほどの難点と思えるほどの年齢ではまだない。
これが、34~35歳となると話は別でしょうが。
相手を読み、中盤からはいつもペースを握っている井岡選手が攻防で優位を取れば、井岡選手のKOもあり得るか?と一縷思っていたのでした。

そして、何と言っても田中選手の弱点は防御かな、と。
左フックでのカウンター。同じパンチを3度も喰らう時点でディフェンスがダメだ、という話になりそうです。






カウンターもらって、あんなにもんどり打って吹っ飛ぶ様なダウンシーンって、日本人の試合であまり見かけないですが。

とにかく、井岡選手はシンプルに強いな、と思った今回の試合でした。




ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント