朔日参り 地元の八幡神社バージョン

今日も、朔日が巡って参りました。 という事で、地元の神社にお朔日参りに行ってきました。 ・・・と言っても、いつもの通りで、特に何もない、地元の神社です。普段は、誰も居ません。 7月の1日、大きめな規模の神社などでは大祓(おおはらい)の時期ですが、ここには茅の輪も置かれていません。 まぁ、神様は居ますから、いつもの様にお祈りです。 …

続きを読む

近隣地域はかなり綺麗で優秀?

当方が時々、スピリチュアルな霊的な診断、鑑定でお世話になっている鑑定師の方は、(読者の方が、信じられる・信じられないは別にして)天界/神界と通信が出来、又、様々な御神徳を鑑定依頼者に授ける事も生業としています。 その方が言うには、運を上げるべく為には、運/御神徳を与えてもらうための対価として、日々、少しずつでもの徳を積む事。その徳が対価となって、運として自身のところに注がれる・・・という理…

続きを読む

日本三大弁天 江島神社 Part6 取り敢えず突き当りまで行って、帰路へ

奥津宮を過ぎようとしたら、背後側に、恋志の鐘(こいしのかね)というのがありました。 その名の通り、恋愛関係のスポットでしたが、当方がその日、行ってみたスポットの中では島内で一番質素な(?)、特にコレというインパクトが無かったですかね・・・^^;。 通りはジブリ作品に出てきそうな感じでしたが。 そのまま道順に沿って進むと海に突き当たり、普通に磯釣りしている人が…

続きを読む

日本三大弁天 江島神社 Part5 龍宮大神(わだつみのみや)が本丸?

江島神社にて、お昼を食べ終わり、そのまま先へ進むと一番奥に位置する奥津宮(おくつのみや)に着きますが、奥津宮は正直、すごくシンプルで、何がどう・・・という印象が沸かなかったのですが、肝心なのは、その隣に隣接する、龍宮大神でした。 奥津宮のお宮は質素?で普通に視えます。 そして、その龍宮大神も、見た目は派手でもなく静かに鎮座している岩山?かの様に視えます。が、ここが島内で一番パ…

続きを読む

日本三大弁天 江島神社 Part4 中津宮(なかつのみや) 絵馬がピンクだらけ&素朴な生しらす丼

辺津宮の端っこにあったのもそうなのですが、絵馬がピンクだらけです。 辺津宮を後にして看板の表示に沿って進むと中津宮に着きますが、中津宮は美の神様らしきでしたが、美の神様らしい、当然?の事かもしれませんが、恋愛関係や美に関する願い事の絵馬が大量に・・・。(あ、くれぐれも、覗き見盗み見したわけではありません。何となくぼんやりチラ見しただけです)。 ピンクじゃない絵…

続きを読む

日本三大弁天 江島神社 Part3 辺津宮(へつのみや)その2 弁財天様と銭洗い弁天

辺津宮という最初の正面の宮には、本堂以外にも様々ありまして、左手の方には弁財天様をお祀りしているお堂があります。 日本三大弁天の一つがこの江島神社なのですが、その弁財天様を参拝するのが目的で江島神社を訪れる人も多いでしょう。 その弁財天様が祀られているところがココです。 入るには別途200円かかります。中は撮影禁止です。 当方は、この弁財天をお参りするのが一つの目的だった…

続きを読む

日本三大弁天 江島神社 Part2 辺津宮(へつのみや) その1

江島神社訪問紀行、第2弾です。 鳥居をくぐって進むと、石段を登っていくのですが、その途中の踊場の様なところに、これも大きめな手水舎があります。 だだっ広い感のある手水舎です。 程なくで、正面、辺津宮(へつのみや)に到着します。当方は、現地に行くまで「へんつぐう」と読むのかと思っていましたが、違いました。 江島神社における、ご祈願/ご祈祷は、この辺津宮という…

続きを読む

パワースポット 日本三大弁天 江島神社紀行 Part1 入り口参道から正門鳥居へ

以前から行ってみたかったパワースポット、日本三大弁天と言われている、江島神社です。 弁財天とは、七福神の中の1人ですが、芸事と金運と恋愛運を司っている神様ですね。 子供の頃に、遠足とかで江ノ島に行った事があったかどうか、記憶がもぅありません。 TVでは、江島神社を取材、ぶらり旅している番組というのはあまり見掛けた記憶がないですが、つい先日、記憶的には初めて、江島神社に行って…

続きを読む

恒例行事? 佳作の常連・・・

何となく、半ば、毎月の恒例行事かの様に、作詞の通信講座、日本音楽アカデミー・作詞講座の会報の「佳作」の欄に、自分が投稿した作品が載ってくる。 今回の6月号も、佳作の欄に載ってきました。 在ればあったでそれなりな安心感が自分の中に湧くんです。が、どこにも載ってなきゃ無いで、ほとんどショックでもありません。 でも、およそほとんどワンフレーズだけや、タイトルだけを褒め…

続きを読む