姓名判断の第一人者・安斎勝洋 氏が亡くなられていた

当方は、もぅだいぶ前に、当時、東京・港区の高輪に在った、姓名判断の安斎勝洋先生の事務所であるオフィスクレッシェンドに赴き、直接鑑定をして頂いた事があり、今となっては懐かしい記憶となっています。 タモリさんのお昼の帯のバラエティ番組「笑っていいとも」という番組での姓名判断のコーナーなどで一気に知名度が上がり、人気を博しましたのが、安斎勝洋先生でした。 自分の運気の下降、低迷があ…

続きを読む

大宮神社の天照皇大神様と戸隠の思兼命様にお年始のご挨拶

お年始の3日、近隣である市原市の大宮神社に、お年始のお参りをして来ました。 地元の最寄りの神社はいつも元旦に済ませております。 まぁ、地元の最寄りの神社は、ごく小さい神社で、参拝時間も10分かかるかどうか?・・・というところなので、Blogで投稿するほどのものか?・・・というものなので。 辛うじて、甘酒と、龍が手に握っている玉を模した?らしく思われるゆで卵は頂けました。 当方…

続きを読む

佳作の常連復活!

受講している作詞の通信講座の会報、ミュージック・フォーラムの、月末に翌月号が届く、その1月号です。 毎月1作品は会報掲載向け宛に送っておりますが、ちょいちょい選考には漏れますが、今回はまた、得意技?の「佳作」に載りました。 まさしく、佳作の常連?復活です。 タイトル「翼を下さい」。 嬉しくなくはないですが、しかし、少々慣れてきてしまって、「あ・・・、佳作には載…

続きを読む

歳神様をお迎えする準備完了

そもそも、歳神様や、月神様という言葉は以前から知っていましたよ。 月神様をお迎えする儀式は、時々、思いついた時にやっていたのです。 朔日に、玄関外側の両側に、ろうそくを焚いて、片側にお香を焚いて、30分ほど放置して、月神様をお迎えする。 それが正しいやり方か、うろ覚えな調べた知識でやっていたので、お迎えしている「つもり」なだけでやっていた感がある儀式でしたが、しかし、毎月の事となると、…

続きを読む

初しめ縄と鏡餅

毎月朔日に地元の最寄りの神社にお参りしたり、毎月満月の時には天然石のアクセサリーを月光浴したり、節目の折には行きつけの神社にお参りしたり、お気に入りのパワースポットに時々参拝したり、直径の先祖のお位牌を置いたりと、スピリチュアルな事には多少なりとも精通していたつもりだったのですが・・・。 しかし、知れば知るほど神事の催事は深いですね。 ・・・というか、基本的な事柄について、昔からある常識…

続きを読む

大根/蕪の葉っぱ 便通促進に効果抜群です!

ようやく寒くなってきて、冬本番到来!ですが・・・。 代謝も落ち気味になったりすれば、便通も渋ったり、ふとした弾みで便秘に陥ったりする事もありますから。 ごぼうサラダやひじきのサラダ、南瓜やヨーグルトなどをこまめに摂るのも良いのですが、 もう一つオマケに得々情報!で、捨てちゃうなんて勿体無い!という食べ物を一つ、ご紹介。 それが、大根やかぶの切れ端の葉っぱを使った味噌汁です。 …

続きを読む

千葉厄除け不動尊からの新年のご祈願のお知らせが届く

およそ毎年、年の瀬になると、千葉県東金市の千葉厄除け不動尊から年始のご祈願のお知らせの封書がご丁寧に届きます。 なぜか、銀行やクレジットカード会社からの金融関係のDMではない、神社などからのお知らせ郵便だと、うざったい邪魔くさい迷惑な気もしないですね。 ま、相手が相手なのでそりゃそうですが。 しかし、神社やお寺も参拝に来て欲しくて結構必死なのかな・・・。でも、千葉厄除け不動…

続きを読む

J-Rockのカリスマ・氷室京介という芸名のプチ秘密・・・

当方のお気に入りのアーティスト・J-Rock界のカリスマ、氷室京介さんのそのお名前について。 これは芸名ですが、姓名判断でこの芸名を計算してみたら、今の大成された事実とはまるで裏腹!?と言えそうな運気が窺えて来ました。 この芸名は、漫画の中のキャラクターだそうで、そこから取ったものだそうですが、氷室さんは確か、占いなどに抵抗が無い性格らしき事は知っており、京都にLiveツアー…

続きを読む

作詞の勉強してるがお金が無い人にはそこそこ良さそうな掲示板

作詞家の松本一起さんという方が運営されている「うたまっぷ作詞スクール」という作詞の講座がありまして、その講座が運営している作詞の掲示板があります。 それが、「うたまっぷ自作歌詞」という掲示板です。 「うたまっぷ作詞スクール」自体は、作詞のレッスン・スクールで、当方は入会も検討はしたのですが、講座内容と費用が当方の中で合点が行かず、そのスクールへの入会はせずに、以前に受講していた講座に入り…

続きを読む

負ける試合じゃない試合を落とした 村田諒太選手 WBA世界ミドル級タイトルマッチ

先日、日本時間、21日(日)のWBA世界ミドル級タイトルマッチ。 チャンピオンの村田諒太選手は、同級3位のアメリカのロブ・ブラント選手と対戦しましたが、しかし・・・。 決して、負ける試合ではなかったはずだという事。 3位のブラント選手を視ても、怖さが有る選手ではなく、一撃で倒せる必殺のKOパンチを持っている選手でもなく、スピードも遅くはないがそれほど速くは視えない、まぁ普通かなと、…

続きを読む