SONY製品、結構長持ちする

僕が初めて買ったパソコン、SONYのVAIOを買ったその当時、巷では、PC/デジタルAV家電通の間では、“SONYタイマー”なる言葉が流行ってました。今でもまだあるかどうかは不明ですが。

ちょうど保障期間が切れる頃に、うまい具合に故障を起こして、修理代でメーカーが儲かる・・・という意味だと確か思われましたが。実際のところは風説で、本当にそんなタイマーは実在しないんでしょうけど。

しかし、そんな言葉とは裏腹に、幾つかSONYの製品を使ってみた事はありますが、僕が始めて買ったPCのVAIO(PCV-J12)も本体が一度も壊れないまま、XPが出て数年経って、パフォーマンス的にも相当くたびれてきたな・・・というのが分かってきても、でも壊れることなく、オークションに出して、里親の元に旅立っていきました。
CRTブラウン管ディスプレイについては、10年以上持ちまして、12年くらい使って最後の最後にご臨終で、壊れ切るまで使いました。




今、メインの自作PCで使っている、SONYの単体液晶ディスプレイも、もう6~7年使っていますが、今のところまだ健在です。
そう考えると、まともにメーカーに修理に出した事がありません。

PC関連やデジタル家電は、比較的故障を発生し易い部類の物だと思われるのですが、白物家電並みに、意外と結構壊れず長持ちしています。それを割りに最近気が付き始めました。




"SONY製品、結構長持ちする"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: