手相&宿命天冲殺

今日、初めてきちんと手相を見て頂きました。
自宅の近くにスパホテルがあって、そこに場所を借りて鑑定をしている先生が来ているというのをネットで見つけて行ってきました。

というのも、以前より、私は太陽線を気にしていたのですが、
音楽の世界は才能、実力、人気が命!だろうと思うので、市販書籍やネットで自分なりに読んでいても、本当に合っているか間違っているか、手相だけは分らないもので。
生年月日や姓名なら、ただ伝えるだけですけど、手相だけはね。きちんと見てもらわないと、と。

後は、ついでに財運線も見てもらいたく、それから運命線と、この3つ。
私は両手とも、運命線が手のひらの道半ばで消えてなくなっているもんで(苦笑)

で、そこの先生は、手相とそれから生年月日による算命学をやっているとの事で、
結果としては・・・
「太陽線、ありますよ」との事。というか、大抵誰しもに、長短、濃淡こそ違えどあるみたいですね。太陽線にかぎらず、およそどの線も。

で、僕の場合、太陽線は右手は普通の長さで、左手は感情線を少し突っ切っているくらいの長さ。しかし、思いの強さや行動次第で伸びると思われる太陽線だそうな。
ま、大スターになる人なんかは、更にギュイーン!と下の方まで伸びているんだそうですが。

で、お次に財運線ですが、自分でも予測した通りに、
「金運はあるけど、入るけど出て行きますからねぇ。入っては流れて、入っては流れて・・・」だと。

僕の場合、左手がどうやら生まれ持った運命を示している方だという事でしたが、
これが本流の財運線だ!という2本の線の横辺りに、ツクシんぼの様な細かい縦線が複数。これがクセモノだとの事。まぁ改善策もちょこっともらってきましたが。
一生にかけて、お金に困窮する事は無いですが、こういう人の場合、お金を現金で持たない方が良く、金銭的価値のある別の資産で運用した方が良いらしく、又、驚いたのは、「お金に関する職業の才能もありますよ」との事。「うっそぉ~」と思いましたが。お金に関する仕事なんてほとんど関心無かったですから。

まぁ、自分は安定した金運ではないとは薄々分っていたので、現金で持っていない方がいいんだろうなとは思っていましたが。財テクの才能を現す線がとなりにある、という事でした。ふ~ん。

肝心の運命線については、僕の場合左手に、生命線の途中からひょこっと数センチ伸びている程度で、
こういう場合は、いわゆる向上線と言うべきだとの事で、これから何かに向かって向上していこうという人の線で、「今後数年かけて中指の付け根の方に向かって伸びていくでしょう」との事でしたぁ。伸びていこうという兆候が見られる、らしきと。

いずれにせよ、太陽線は、ある、無い、ではなくて長短、しっかりしているしていない・・・の問題みたいですな。

でもって、生年月日でみてもらったら、
現在天冲殺の最中ではあっても、僕は宿命天冲殺という星の持ち主で、これは生年月日で生まれ持ったもので、一生その効果の元にあるものだそうで、
でも、一生ずっと天冲殺?と思ったら、何のためにこの世に生まれてきたんだよ・・・と思うほど、生涯ずっと空亡の下にある、のかと思いきや、
反作用を示すもので、凶意である期間にあっても、その凶意が反作用である程度緩和され、他の人ならば天恵の加護が空洞化する時に、その作用がある程度減るものらしく、むしろ恵まれた星だそうです。

しかも、本来の星が戌亥天冲殺で、天の加護の元にある星だかなんだかという意味を持つ種類の天冲殺だから、恵まれている事だそうな。自由に生きた方が宿命を生かせる星、らしいです。
しかし、そういう星である分、運気低迷する期間というのは、むしろ精神的に誰よりもツライですよ、と。




ただ、一つ、反作用で凶の時期にその凶意がある程度薄れるという事だから、戌亥天冲殺の持つ気運の絶頂期にはむしろ、その絶頂感が和らいで、上昇感自体も緩和して象意として出るって事で、これまた穏やかな高揚状態って事ですかな。
でも、昇り過ぎると天狗になって、またいつズドンッと一気に転落するか分らないので、その方が、過去にどん底に一気に落っこった事のある俺には、かえってその方が良いのかも。

ちなみに、鑑定時間1時間半ほどで、締めて2100円也、でした。






にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

"手相&宿命天冲殺"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: