千葉神社は(金運の?)パワースポットだそうです

今日は、当方が生まれた土地である、千葉県千葉市のほぼ中心部に在る千葉神社へお参りに行ってきました。 生まれた土地の神社/神様の事を産土(うぶすな)と言います。 お正月に産土の神社へお参りに行くのは、本当は2年間の天中殺が明ける年のお正月だけで良い・・・と聞いた事があるんですが、当方が毎年お参りに行っている理由、それは、天照大神(あまてらすおおみかみ)の御札があるからです。 伊勢神宮…

続きを読む

元日、初詣です

皆様、明けましておめでとうございます。 2018年の元日です。 元日、朔日という事で、いつもの最寄りの八幡神社様へ初詣しに行って参りました。 そして、なぜか・・・いつもの元日よりも参拝者が多かった気がしました。    古い御札を納めて新しく新調し、お参りをし、甘酒とゆで卵を頂戴しました。ああいう縁起物は遠慮して帰って来るのではなく、もらって来て有難く頂くのが良いですよ。…

続きを読む

久々の白弁天様の参拝

千葉県の木更津市に在る小さな神社、というか、お宮というか。 「神社」とまで呼べない規模の神社かもしれません。 ここは、弁天様です。正しくは「弁財天」様というべきか。 弁財天様は、七福神の中の一人で、お金と芸事の神様です。そして、「水」の気の神様ですので、水の気と言ったらコミュニケーションの神様で、当方はなぜここを度々お参りするのか?というと、喉/歌声の快調を祈願して参拝しています。…

続きを読む

朔日参り。これをすると何となく落ち着くお参りです。

世間には「ついたち参り」という言葉が在るんですが、当方ももぅこれを十数年間続けていて習慣になっており、これをするとやっぱり落ち着きます。 気持ちの問題なのかもしれないですが、生活の上での細かい節目節目みたいなもんです。 色んな有名所の大きな神社に行くのもいいけれど、基本は、まず地元の土地を護ってくれている神社とのご縁を付けること・・・というのがもう基本中の基本?として…

続きを読む

天台宗の御本尊、阿弥陀如来 様の小さな掛け軸を掛けました

遠方でなかなか簡単にはお墓参りが出来ないから、何かその代替策が無いか?と探していたところで、自宅に位牌を置けるスペースを用意し、そこに、蝋燭立て、お線香立て、お水やお供えを入れる器を用意し、そして、本当なら仏像を置いた方が良いそうですが・・・。 うちの父方のお墓があるお寺は天台宗なので、天台宗の御本尊は阿弥陀如来様なので、本当なら阿弥陀如来様の仏像を置くのが良いのですが、仏像を置けるほどの…

続きを読む

朔日参り 3連発

今日は8月1日、そぅ、ついたちです。 という事で、恒例の朔日参りです。 まずは、自宅の部屋の神棚と、ご先祖のお位牌に向かって。 神棚のお社の扉は1~2時間ほど開けます。中のお札達を外気に充てて、風通しを与え、「こんにちは」させてあげます。 画像では、御札の部分にモザイクをかけております。 そして、ヒーリングCDをかけて、清め塩を交換して、お香を焚き、ろうそくを点けて、そしてお祈…

続きを読む