力み過ぎは何でも良くない

それにしても、何にしてもそうですが、力み過ぎは良くないですな。決して良い結果を生まない。 昨夜の長谷川穂積選手のフェザー級防衛戦。 右のロングフック一発でTKOで負けてしまったわけですが、そもそも初回から長谷川選手、力が入り過ぎ、いきみ過ぎな感じで、バンタム級時代よりも相手のパンチを序盤から明らかにもらってるんです。 落ち着いて冷静にちゃんと戦う気が無いみたいとさえ、単なるB…

続きを読む

一瞬の隙

BOXING、WBC・WBO統一バンタム級の世界タイトルマッチ。 WBCチャンピオンの長谷川穂積 選手が、負けてしまった・・・。 長谷川=強い、負けない、KOというイメージがこびり付いていましたから、格闘技、特にBOXINGとK-1の観戦Fanである僕は正直ショックです。試合が終わった瞬間、「え?これは現実か?・・・」という放心状態ぽくなっちゃいました。俺が戦ったわけでもないのに。 …

続きを読む

不完全燃焼

今日、たった今先ほど、楽しみにしていた「 亀田興毅 vs ポンサクレック 」戦が終わったのですが、観終わっての感想は、不完全燃焼だな~という、その一言かな。 いつもの興毅選手の良さが、半分も出ていなかった様な、煮え切らない様な戦いぶりに見えました。 決して相手の圧勝ではありませんでしたし、紙一重というほどの接戦ではないものの、しかし、興毅選手の動きがあまりに悪かった様な。慎重過ぎた様な、…

続きを読む

バンクーバー閉会式 生アヴリル・ラヴィーン!

たまたま録画しておいた、NHKのバンクーバーオリンピックの閉会式で、聴き慣れた音楽に目をやってみると、おっ!、ゲストでアヴリル・ラヴィーンがLiveやってるじゃないですかっ! 一瞬、見間違えてるのか?と思いましたが、本物でした。 挿入歌にアヴリルの曲が使われていたから、最後の閉会式にゲストLiveに呼ばれたんだと思いますが、やっぱり生で好きなアーティストが演奏しているのはイイですね~。…

続きを読む

完璧、強い

アイススケートが好きな僕は、バンクーバーオリンピックのフィギュアスケートを楽しみに観ました。 それにしても、キム・ヨナ選手は、・・・強い。 ミスの“ミ”の字も無い様な、ミスなんか全くしない、その心配なんか全然無い様な、安定感と堅実なパフォーマンスで「 完璧 」という言い方が相応しい演技でした。 バランス崩して氷に手を付くとか、よろけるとか、ましてや転んでしまう、なんて気配が全…

続きを読む

冷静沈着、頭が良い、立ち直りが早い

これは先日、謝罪会見をしたBOXINGの亀田興毅選手の事を言っているのですが・・・。 先日の、弱冠二十歳にしてあの様な場であれだけ落ち着いて会見した様子といい、BOXINGを実際にやっている時の様子と、普段の様子やマスコミとのやり取りで喋っている時の出てくる言葉といい、わずか1週間でメキシコに発つ時のほんの10分間でしたが取材に応えた時の態度と言い、 少し遠目から客観視してみても、少…

続きを読む

今夜、K-1MAX!

魔裟斗選手の試合を見るのは、ななだか久々な感じがしますが。 しかし、結婚して最初の試合、いろんな意味で勝敗を試される試合になりますでしょう。 「結婚したから負けたんだ」と言われないためにも勝たなきゃアカンですね。 しかし、魔裟斗選手が優勝してチャンピオンに返り咲くためには、現在最強と認められているだろう、タイのプアカーオ選手を倒さねばなりません。 全体的にバランスが取れていて、弱点ら…

続きを読む

綺麗なBOXING

今日の亀田興毅の初防衛戦。 一言で言い表すならば、綺麗なBOXINGというところが妥当かなと。 始まるまでは、安定していてズシリとした戦い方という印象が、前回の試合で(俺の中で)付いた対戦者のランダエタだけに、前半でめちゃいいパンチを喰らって劣勢に陥ったりして・・・という変な想像も走りましたが、興毅選手が、前回とは半分別人っぽい気さえしました。 スピードがあるのは元々BOXINGフ…

続きを読む

再戦決定

亀田興毅選手が疑惑の判定という結果となった因縁の相手、ファン・ランダエタ選手と再戦する事が決まりましたが。 ファンとしても本人としても世評的にも、一番望んだ対戦だっただろうと思いますが、それにしても、この階級のままで防衛戦やって、大丈夫なんだろうか・・・。 普段から、階級リミットの体重より5キロほど重い程度の体重をキープしている様なので、そこから考えると、通常の減量を想定するならわり…

続きを読む

亀田選手、ヒヤヒヤでしたが、取りあえずおめでとう!

負けたかぁ?と思いきや、2-1のスプリットデシジョンでしたが、辛くもの判定でした。 とにもかくにも、取りあえずおめでとう!です。 1ラウンドに喰らったダウンが最後まで不安を煽った感じですが、中盤に堅実にボディーとショートストレートの連弾で攻め込んだのが功を奏したんじゃないかと。 試合終了後の解説の話し方も、まるで亀田選手の負けがおよそ決まった様な口ぶりでしたよね。 多分、11ラウ…

続きを読む