DAITA!

氷室さんのDVD「SoulStandingBy」のDISC2の中で、氷室さんが、 「~間違いなくコイツが一番うまい~」 と言っているギタリスト、DAITAさん。元SIAM・SHADEのメンバーだったわけですが、 SIMA SHADEは僕も解散前から知っていて、何度かTV番組に出てきた時に、見た事もあったんですが、 Vocalの声が僕の好みの声質ではないため、音楽性は全然嫌いではな…

続きを読む

憧れの強さ ~その3 尾崎豊

今回の俺の憧れは、尾崎豊さんです。 ・・・死なないで欲しかった。 彼の生の歌を、新しい曲を、もう聴けないんだなと思った瞬間は、とてつもなく寂しかったなぁ・・・。 ニュースを聞いたのは、東京に居る時に、バイトしていたクリーニングの工場で、働いていたその最中でした。 ラジオがいつもつきっぱなしになっていたんですが、何かのデイリーのラジオ番組がやっていたかと記憶していますが、 そのラジオ…

続きを読む

憧れの強さ ~その2 安全地帯

今回は、僕にとって、なくてはならないVocalist、玉置浩二さんとそのBand、安全地帯についてです。 安全地帯というBandの名前を最初に知った時、「へん~なBand・・・」という、そういう印象ばっかししかなかったですから。 だって、「ア・ン・ゼ・ン・チ・タ・イ」ですよお?、・・・工事現場かいな?って印象でした。 始めに歌を聴いたのは、記憶では、TBSのザ・ベストテン、だったか…

続きを読む

憧れの強さ ~その1 氷室京介

ここから新たに、僕が持っている憧れについて、あんまし興味は無いかも知れませんがお話していこうと思います。 ちなみに、字については「憧れ」でも「憬れ」でもどっちでも正解みたいですねぇ。 まず、何と言っても真っ先にお話するのは、そう、氷室京介さんです。 年甲斐もなく、時々は「ヒムロック」と言っているんですが、とにかくカッコよさのスタンダードです、僕にとって。 今の俺のカリスマなんです…

続きを読む

続・コンピュータミュージック

前回の記事の続編で申し訳ないんですが。 と言うか、書き忘れた事がある事に気が付いただけ・・・。 以前は音楽専門学校にも通学経験があり、Vocalistである僕は、当然音楽学校でも、Vocal専攻課程に入学したわけですが、 高校3年の時、リクルート進学ブックみたいなものを生徒全員が渡され、音楽の方面に進みたいため、 とりあえずもどこかしらそういう学校に入って、レッスンを受けてしっかりし…

続きを読む

コンピューターミュージック

何事も目覚めるのが遅い方だと自分では思っておりまして・・・。 コンピュータミュージックも同様な事の一つ。DTM(=Desk Top Music)なんて、すごい昔からあるものですが、 たとえば、Windows95が登場したその当時、同級生の友人が、Windows95の入ったメーカー製PCを買ったのに対し、俺はと言うと、何の必要があってパソコンを買うの?・・・・と、そもそもPCを買う事自体に…

続きを読む

文才

突然ですが・・・・ 僕は、自分で作詞と作曲もしているんですが、その作詞力につながると言って良いと思いますが、小さい頃から、文章を書く事も好きでした。 小学6年生の時、春に行った箱根の修学旅行。 旅行の後、その修学旅行の文集を書く!という事になり、 他の生徒達はみな、原稿用紙2~3枚とか4~5枚しか書いてないのに、俺はというと、友達と「競争しようぜ!」って言いだし、 別にそれって…

続きを読む