やっぱりプロ中のプロ

YouTubeに、安全地帯が井上陽水さんとジョイントコンサートをやった時の、一部の楽曲の動画が載っています。 LiveのDVDにも入っていない、あるいはずいぶん昔にNHKで3回に渡って放送した番組でも演奏がカットされてしまっていた、一部の曲がアップされています。 ちょうど、玉置さんが、映画「プルシアンブルーの肖像」というのをやっていた時です。 今回思ったのは、やっぱりその歌唱力と…

続きを読む

安全地帯が出演!

今日の夜9:00、TBSの「うたばん」に完全復活の安全地帯が出演されましたね。 玉置さんは、白髪染めで髪の毛をすっかり染められて真っ黒になってました。でもその方が、なんかミュージシャンっぽくて、Bandっぽくてカッコいいです。 昔のVTRも沢山出てきて、一番うけたのは、アマチュア時代の練習場所での取材Vですが、南の島の孤島に取り残されたまま原住民化した?かの様な風貌のメンバーの映…

続きを読む

氷室京介さんの英会話力

氷室さんは、自身のLiveDVDの中で、外人のエンジニアスタッフさんと流暢な英語で難無くやり取りをしています。 東京ドームで行われた「BOOWY vs Himuro」というBOOWY時代の曲とソロになってからの曲のMIXで行われたスペシャルLiveでのDVD映像ですので、もちろんプレーヤーとスタッフと、みんな日本国内にいるわけですから、敢えて英語を使わずに、“ みんな日本語で ”やり取り…

続きを読む

安全地帯 復活!でも、大丈夫かなぁ・・・

安全地帯が6年ぶりに復活!のニュースを見ました。が、大丈夫かなぁ・・・と。 復活って言っても、確か3年くらい前に一度、安全地帯ⅨとⅩというAlbumを出したその頃既に、復活の狼煙は上げてた様な記憶がありますが。 でもって、そぅこぅしている内に玉置さんの体調不良とプライベートでの結婚問題だかで、知らぬ内に活動がフェードアウトして何となく休眠状態になっちゃってただけ?の様な気がしまし…

続きを読む

YAMAHAのHS50M

やっと先日、買おう買おうと思っていたYAMAHAの音楽制作向けモニタースピーカー「HS50M」を購入しました。SoundHouseという通販サイトで、1本\17000を、左右セットで約\35000也。これでも宅録向けの本格的なスピーカーでは安価な方のモノです。 たまたま何度か入った臨時収入を、なんとなく「使わずにとっておいた方が良さそうな気がする・・・」と残しておいて良かったです。自分への投資…

続きを読む

歌う前にお茶類はタブーか

前々からちょっと気になっていた事ですが、歌録り、練習、ライブ本番など、とにかくまとまって声を出す時には、その最中の飲み物としては勿論、歌うと分っている日には数時間前からお茶類は飲まない方が良いのかもしれない、という見解に自分の中で達しつつあります。 というのも、なんか喉の奥が、ちょっとだけ干からびている様な、いがらっぽい様な、カサカサ感というのか、そういう感覚があり、実際声を出してみると妙…

続きを読む

さすが小柳ゆき!次元が違う?

好きなVocalistの一人である、小柳ゆきさんのNewAlbumを聞いてみました。 第一印象・・・さすが!って感じです。1曲目を聴いてみて、やっぱし、なんというか次元が違う様な衝撃に襲われて、スケールが違うというか、全てに於いて、俺なんかが作る曲が及ぶわけない様な感覚に襲われました。 1曲目の曲の素晴らしさがそう思わせたのかもしれませんが、声のパワーは相変わらずですが、歌の内容も、…

続きを読む

生姜とオリーブオイル

以前、確かTBSの「情熱大陸」という番組で見た事だと記憶していますが・・・ 松任谷由実さんがレコーディングする時に、スタジオ入りしてから持ち合わせのポットでしょうが湯を作って飲んでいた場面を思い出して、それで、なんとなくですが、真似してやってみようと思いました。 生姜っていったら、ヒリヒリと辛く、「・・なんで生姜が喉にいいんだろ・・」と、蜂蜜とかとは正反対なイメージがあったので半信半…

続きを読む

口呼吸になっているから

歌の練習をしていて、調子の善し悪しがどっちつかずでよく分からなくなってくると、時々患りつけの耳鼻科に行って居るんですが、 先週診察に行った時に、声帯部より直上の、声の通り道の壁面に、薄っすらと泡ぶくの様に唾液が分泌されて溜まっているのが分かりました。 その耳鼻科では、内視鏡を鼻から通して、モニターで見せてくれますので、自分でも自分の声帯の状態などが見て分かります。 そこで、本来なら…

続きを読む

音楽は精神労働と思っていたけれど

毎回、曲を1つ作り終える度に、完成後の1週間ほどは、体がグタ~っと疲れます。 体に力が漲らないというか、入れようと思っても力の芯が1本ピシッと通らないとでも言うか、 倦怠感の様な脱力感とでも言うべきか、 全身が重い・・・というのではないけれど、グタ~っとしている感じで、1週間経つかどうかというところで、 気が付いたら消えている、という感じ。 しかしながら、曲作りは根本的に、肉体労働…

続きを読む