取り敢えず載りました

「日本音楽アカデミー・作詞講座(ミュージック・フォーラム)」 には昨年9月に再入会し、それから最初の3課題を、忙しさに任せてちまちま済ませ、やっと「自由作品」というコーナーに投稿し始めましたが、選ばれれば、投稿してから会報誌に載るのは3ヶ月後の会報。 で、初投稿作品でしたが、9月号に、「佳作」でしたがまぁ取り敢えず載りました。 これは1曲の歌詞全編じゃありません。佳作より以下は、1…

続きを読む

L’EPILOGUE

FINAL BEST ALBUM ! J-Rock Singer,Kyosuke Himuro's Album「L'EPILOGUE」 氷室京介さんの最後のBEST ALBUMです。デザインが白基調である故、結構、汚れるのが怖いですが。    BOOWY時代の曲は、歌い直し、録り直ししてます。 オケも、これ、全部録り直ししてますね。 何となく、PCでの打ち込みか?と…

続きを読む

作詞講座に再入会!

以前受講していた作詞講座に10数年ぶりに再入会しました! 「日本音楽アカデミー・作詞講座」 今年こなしたい目標に、作詞講座への再入会と、Webデザインの勉強に通う事・・・でしたが、Webデザインの勉強は諸事情により来年に持ち越しとなりそうですが、作詞の通信講座はよ~うやく再入会しました! 来年は私は、頑張って音楽の世界で飛躍するつもりです。やっとどうにか息を吹き返す時かな?…

続きを読む

さすが氷室ック!言われないと分からない。

氷室さんの最新LiveDVDを買いました。 横浜スタジアムは当方も随分前に1度、氷室ックのLiveを観に行った事がありますので、何となく懐かしい感じでDVD鑑賞しました。が! ネット記事か、TVのニュースか何かで、肋骨にヒビが入っている状態だったという事を視ましたが、 実際DVDを鑑賞してみたら、氷室さん自身が、実はヒビが入っている状態だったという事は分かってなかったみたい…

続きを読む

もしかして、下手?

今、T-BOLANのDVD「BEST LIVE&CLIPS」というのを観ているんですが、アレ?・・・、と思った。 う~ん、森友さんの歌が、「音程、・・・悪くない?」と。 しかも、ちょくちょく定まらない。 うまい人でも、フェイク入れる感じでわざとズラシたりブレたりというのはありますが、普通に真面目に歌ってる様に見えるところで、上下にブレる。たま~にじゃなくて。 アップテンポの曲になると…

続きを読む

反射神経の鍛え直し

最近、3つの作詞オーディションに応募しました。 その中の2つは、ユニバーサルミュージックとVictorMusicArtsという大手。 手持ちの曲2曲でいずれも応募してみたのですが、いざ選考を通過した後の事を考えて、最近ここ暫くは、音源の制作ばかりに集中していて歌詞を書いていなかったので、コンスタントに歌詞が出てくるかどうかの自信が曖昧なのです。 作詞をするのもある種、脳の運動…

続きを読む

レコーディングでは弾かないのだろうか

元・SIAM SHADEのギタリストで、現在氷室京介さんのツアーサポートメンバーをやっている、ギタリストのDAITAさんですが、Liveのサポートだけで、なぜレコーディングではDAITAさんは氷室さんの楽曲に参加しないんだろうな~。 とは言え、ソロギタリストだから、アーティストからの注文が来ない限り、基本的にはレコーディングに参加したくても出来ない訳だから、氷室さんがオーダーをしていない…

続きを読む

IF YOU WANTのフルバージョン版

日テレのニュース番組「ZERO」のエンディングテーマになった、ヒムロックの新曲「IF YOU WANT」のフルバージョンがYou Tubeにあがっています。 ヒムロックのFanで、5/5の深夜に放送があったZERO特別版を見逃してしまった人には涎モノでしょう。 今回のテーマソングになった新譜は氷室さん自身の超久々の作詞作曲です。 それにしても、14年ぶりの作詞でよく詞が書ける…

続きを読む

勉強になる歌詞サイトです

当方は、楽曲も創りますし作詞もするのですが、「歌マップ自作歌詞」というサイトに歌詞を掲載しておりまして、そこに、歌詞の批評/意見交換の掲示板があります。 ここが結構ミソでございまして、色んな作品が掲載されています。 差し出がましくも、幾つか批評/感想の書き込みをさせて頂いているのですが、かなり面白いです。面白いですし、勉強になります。 やっぱり、人の作品を読む/聴くというのは色々な…

続きを読む

安全地帯 DVD!

安全地帯の完全復活のDVDが到着いたしましたあっ!   何か、安全地帯のLiveのDVDは超久々な気がしますが・・・。 それにしても、感想としては、玉置さん、力み過ぎです!という気がします。 相変わらずの演奏力の完成度の秀逸さですが、メンバーみんながLiveを楽しみまくってるのは分かるのですが、玉置さんが力み過ぎて、中盤くらいで既に声がかすれている様な、割れている様な感じです。…

続きを読む