やっと来たぜ! 氷室京介 「LAST GIGS」DVD!

やっと来たぜ!・・・と言っても、お金の都合がつかなくて約1年越しの購入(苦笑!)になっただけですが。 東京ドームでのLiveの映像モノは今まで何度もリリースされているのですが、氷室ックのはやっぱりシンプルにカッコイイ!の王道、定番ですね。 しかし、歌っている氷室ック本人を視ていると、これで本当に耳が悪いの?と言いたくなるほど歌っているその様は、自然に視えます。 画像…

続きを読む

当方の作詞、ある程度そこそこのレベルにはある模様

受講し始めて3年目になる日本音楽アカデミー・作詞講座というところのレッスン内容で、添削指導というのがあります。 入会以来、添削指導は受けていませんでした。 受講から3年目と言っても、実は再入会なので、随分前に4年弱ほど受講しており、その頃はよく添削指導を受けていました。 が、その時に結構、濃く揉まれてまして、作詞力もそれまでより格段に上がりました。 それで、自分の作詞がそこそこの…

続きを読む

佳作の常連(?)

先日届いた受講している作詞講座の会報の12月号。 日本音楽アカデミー・作詞講座というところの「ミュージックフォーラム」という会報です。 毎回、各号で審査、選別をしている先生が判定して金賞、銀賞、銅賞・・・など選ばれております。 そこで、私の作品はしょっちゅう佳作に選ばれます。 まぁ何も選ばれないよりは良いですし、色んな多数の会員さんの目に触れているでしょう。 今回も…

続きを読む

また佳作だけど、一応載ります。ミュージックフォーラム10月号

日本音楽アカデミー、作詞講座、ミュージックフォーラム・MFに、月イチで作品を送っていますが、送れば辛うじて、佳作でもなんでも会報に一応、載ります。    会員は数百人とかという単位ではないので載るだけでもまだマシな方だと言えばそうなんですけどね。 載らない人の方が圧倒的に沢山居るわけですから。 しかし、それで満足していてもアカンですな。 正直、作詞の腕、感覚は落ちていますよ…

続きを読む

作詞の言葉もやはり時流に左右される?

8月号の作詞通信講座の会報が届いてもう数週間経っているのですが、今回載ったのは、一番後ろの方の、ワンフレーズだけ注目されるコーナー。 この号宛に投稿した歌詞は、もうかれこれ20年ほど前に書いた歌詞。 学生時代などをモチーフにした、初恋の想いを書いた作品ですが、その当時に書いた言葉なので大体にしてその当時の時流を反映しています。 かと言っても、その当時流行ってた、流行り廃りの言葉遣い…

続きを読む

日本音楽アカデミー 作詞講座・会報 佳作入選 普通レベルだって事か?^^;

日本音楽アカデミー・作詞講座の毎月送られてくる会報、その7月号が届きました。 佳作の常連?かの様に、今回も佳作に載りました。 佳作って何?・・・と言うと、「佳(か)」というのは、「よい」という意味です。 又、漢字の成り立ち的には「人間に光が当たっている状態」を表している字の様です。 良い作品、・・・という事で、佳作、という事かな。 載りもしないよりは選んでも…

続きを読む