かぐや姫の物語

凄げ~ものを久しぶりに観ました。

スタジオジブリの作品にハズレなし!
と言ってもいい様な作品。
見終わって、ま~中身が濃いしヘビーだし、描かれているテーマはSimple is best!というべきテーマかもしれませんが、真心とは?愛とは?本物とは?真実とは?生きるとは?の答えを探そうというテーマかと思いますが、とにかく主人公の姫(竹の子ちゃん)が性格が良すぎるでしょ?というキャラクター。

見終わってから、後からネット検索して、原作の「竹取物語」の内容に結構沿っていたんだな、と思いまして、という事は、竹取物語の内容レベルが高いって事かな、と。この映画がそこそこアレンジしてはいると思いますが。

原作書を読んだ事などなかったですから、この子が最後に幸せで終わります様に・・・と思いながら観ていましたが、月に帰って行くのですね。人間界の清濁を経験して帰って行ったのだと思いますが。

姫が、「なぜ、地球に降ろされたのか?」の理由は劇中ではハッキリとは明かされてなかった気がしますが、観ている人が個々で想像してみて・・・という事ですかね。姫は、何か、罪と罰なんか残した?と疑問も残りましたし。あったとしても、「罪と罰」なんていうヘビーなレベルの事じゃなさそうな気がしますが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】かぐや姫の物語/アニメーション[DVD]【返品種別A】
価格:4060円(税込、送料無料) (2018/12/16時点)




見応えあり過ぎて、同じモノをまたもう1回観ようと言ったって、何年か経ってからじゃないと濃過ぎて観られないですよ。1度観てるから内容知ってる訳だし・・・。

しかし、久々に、ちょびっと泣いちゃった^^;






ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント