やっぱり暢気はダメですね

毎年なるべく元旦にお参りに行く、自宅最寄りの神社に行ったのがお昼ちょっと過ぎだった事もあり、
かすかに期待していた甘酒は、もうおじさん達が温めるボンベ?みたいなのを磨いて洗っており
ゆで卵も、まだ余っていたのが視界に入りましたが、さすがに自分から「下さい」とは言えず、今回は、甘酒も卵も頂けず仕舞い。結構こういう縁起物を頂く事にちょっとだけ拘ってしまいまして。

しかも、手水舎の水も既に水道が止められていて、溜まっている水面には落ち葉や埃が漂っていて、お清めに使えず。
やっぱり元旦から暢気はイカンですね。
お札だけ、古いのを納めて新しいのを買ってきました。





お賽銭は得意技?の115円(百重のご縁…という事らしぃ)、元旦だけはわりと連続して参拝者が来るので、年始の挨拶だけ神様に向かって念じて終了。


この記事へのコメント