超老舗ではあろうかと思いますが

ASUSと言えば、PCパーツメーカーとしては超老舗なんだろうと思いますが、当方が勝手な過信を抱いてただけなのか、ASUSのものは絶対的信頼がある!という思い込み?をどこか持っておりましたが、
よくよく振り返ってみると、自作PCに用いたマザーボード、いずれもAMDのCPU仕様のマシンに使った「A7N8X-X」と「A7V8X」というマザー、いずれも故障を起し、A7N8X-Xは再起不能となり交換対応、その後、送られて来たA7V8Xも未だ老体にムチ打ちながら稼働中ですが、一度修理に出し、返却後、今度はLANが不能となり、後付けのLANボードを内蔵取り付けして使っています。

もう何年もの間、長老になっても使えてるんだから、酷な批評をしなくても?と思われるかもしれませんね。

確かに、手術を乗り越えながら、まだ現役で働いてくれていますが、ASUSのパーツと言えば真っ先にマザーボードを思い浮かべ、そのマザーボードが手にした事のあるものが必ず一度は病院に入っています。

確かに他のメーカーのだったら、じゃぁ故障をしないのか?というと、全然関係ありませんが。
ASUSというだけで絶対!と思っていた認識を転換した方が良さそうだな、と。・・・独り言でした。





この記事へのコメント