氷室京介さんの英会話力

氷室さんは、自身のLiveDVDの中で、外人のエンジニアスタッフさんと流暢な英語で難無くやり取りをしています。

東京ドームで行われた「BOOWY vs Himuro」というBOOWY時代の曲とソロになってからの曲のMIXで行われたスペシャルLiveでのDVD映像ですので、もちろんプレーヤーとスタッフと、みんな日本国内にいるわけですから、敢えて英語を使わずに、“ みんな日本語で ”やり取りすればいいのに、です。

別の、20周年記念のDVDで氷室さんはMCで、
「~勉強も出来ずに、子供の頃から親にもあまり期待されてなくて~」らしき喋りをされています。
ついでに氷室さんは高校は中退されていますから、英語の授業も中途で終わってしまっている訳です。がしかし、

BOOWYの頃の歌詞をみてみると、作詞は大体氷室さんが書かれているのですが、英語の詞もしょっちゅう出てくるのですが、文法的にも使われている単語的にも、間違ってないんですよねぇ・・・。

それでもって、ご自身も、BOOWY時代からちょくちょく英語を喋っています。片言の延長くらいの言葉量の英語だった様子ですが、Videoを観ているだけでも「勉強が苦手だった様でも、英語だけは出来なくはないみたいだな・・・」と思える部分が多々あります。




MCをするのにキザな話し方をするのにも、英語が混じるとそれっぽくなったりもしますが、
現在は、ロサンゼルスに住んでもぅ10年以上経つ氷室さんですが、LAに在住する為に、英会話を習ったという事は無いはず?と思われ、自然と普通に話せる様になったのだろうか?と想像しますが、外人スタッフと流暢に不自然さなく英会話している氷室さんは、けっこうなインテリジェンスに見えます。



  ミュージシャンが育たなくなってしまう… JASRACの方針

この記事へのコメント