スタートダッシュの重要性

HD DVDが、負けた・・・。
個人的にはBlu-rayよりはHDDVD派でしたので、HDDVDの普及を応援していたのですが、降参しましたね。

僕がHDDVD派であった理由は一つ。値段がBlur-rayより安い、という市場評価だったから。
生産コストがBlu-rayよりHDDVDの方が安く済む=ブランクメディアやハイビジョンのパッケージソフトの値段が安く流通するという評価でしたので、容量的にもパッケージ製品のクオリティにもそぅ大した差は無いであろう事から、結局のところで最後は値段!に考えが行き着いてた事から、個人的にHDDVDの普及に注目していました。が!

パッケージ製品の流通も、ニュースを見ている限りでは、あまり目立たず、東芝製ノートPC「Qosmio」に書き換え型HDDVDドライブが搭載されたり、東芝製レコーダー「バルディア」に稀に?搭載される程度に感じ、普及が一向に進んでる気配を感じられなかったので、妙~な予感が走ってましたが、やっぱし、敗北ですか。

それ以外の部分では、どっちのフォーマットでないといやだという拘りも無かったので、第一、我が家のTV視聴環境はまだSD画質のブラウン管TVなので、TVがハイビジョンじゃない事と、当分ハイビジョンのTVを買う予定も無いので、どっちでも良かったんですけどね・・・。

足の速い、流行廃りの時流の早いデジタル家電の世界なだけに、競争は、喩えるならマラソンよりも短距離走でしょう。ならばやっぱり、スタートダッシュの重要性が伺えますね。
HDDVDを波に乗せて行こう!としていた頃から、既にBlu-rayはリライタブルメディアとレコーダーを流通させていましたでしょう。やっぱし、出だしで失敗すると、最後まで足を引っ張る事もありますね。




残念・・・。HDDVDの方が分かり易かったのも手伝って、いつになったらHDDVDのRW搭載レコーダーが当たり前の様に本格流通するのかと待ち望んでいたんですが。


ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント