健康の自給自足?

変な表題ですが、僕の健康の要になっている、ミソ汁のお話をば。

まず、特別変わったものではなく、普通にみそ汁があるとして、そこに混ぜるものが幾つかありまして。
1.一味唐辛子を3フリ。七味じゃなくて、一味の方です。
2.炒って擂った黒白胡麻を3フリくらい。
3.生姜パウダーを3フリくらい。
4.チリメンじゃこを3つまみくらい。
5.お酢を少量。
6.粗挽き黒胡椒を微量。
7.シナモンパウダーも微量。
8.レンコンパウダーを3フリくらい。
9.オリーブオイルを微量。

これだけ入れると、けっこうなピリ辛味になります。
このみそ汁は特に冬場にはもってこいです。一味とごまとショウガの効果で血液の循環が促進されるので、食して5分後くらいから、体が温まってくるのがわかります。

加えて、週に2回くらい、干し小エビを2ツマミほどを混ぜています。
みそ汁にオリーブオイル?と、おかしく思われる人も居ると思いますが、これがけっこうオリーブオイルのまろやかさが意外とみそ汁に合ったりします。微量なので、大して油っぽさが無いってのがポイントですが。

このオリーブオイルの知恵は、胃酸の分泌のコントロールの働きがあるというところから、以前胃の調子を悪くしていたので、今でも不調時の残骸が後を引いているので実践している事ですが。
しかししかし、
このみそ汁のお陰かどうか、風邪らしい風邪はパタッっと引かなくなり、もうここ数年間まともな大風邪やインフルエンザとは無縁です。また、太りにくくもなった様で、体重が1kg未満の上下動でとどまってます。ってか、170cmで50kgじゃ、痩せすぎだとは自覚してたりします。こまめなウォーキングと筋トレの効果もあるとは思いますが。

で、加えて、大豆製品、海草類、アロエヨーグルト、カボチャ、ごぼう、などで、自分なりの鉄壁を作っているつもりではあります。いずれのものも、一度に摂る量は小皿に乗る程度の少量です。

最近発見したのは、玉葱です。水にさらした後に、鰹節を乗せ、昆布つゆなどを軽くかけて、それで終わりという簡単なものですが、これもまた小皿にかるく1杯で、便通の滞りとはオサラバですね。




毎朝、お腹がゴロゴロいうので、下しちゃったか?と何度も思うのですが、しかしながら軟便にはならないんですねぇ、これが。ちょっと効き過ぎな感がありますが。

しかし、玉葱は確か、血液サラサラ効果と解熱効果と、脳細胞を健全に保つ効果と、解毒の働きがあったと記憶しますが。

ま、重要なのは、特別変わったものを摂っているわけではなく、全部が普通~にスーパーで売っているものである事でござりまする。




ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント