ヒムロックNewSingle! 質が違う

表題からいきなり何を切り出すのか!と思われる方も居るかと思いますが、
何の質か?というと、前投稿で書いた氷室さんの新曲「SWEET REVOLUTION」についてです。
特に、その歌詞とDrumとGuitarの音です。

作詞は、ここしばらくコンビを組んでいる作詞家の森雪之丞さんの作品です。
雪之丞さんの作品は、粗削りな骨っぽさを残しつつもわりと身近にある言葉も使いながら、それでいて決してカッコイイ歌詞で、いたずらにSEXY過ぎない男の色気がある様に、アマチュアの僕でもそう思います。

以前は、氷室さんのソロデビューから2作目のAlbum以降、タッグを組んでいた作詞家の松井五郎さんの歌詞が多く、
松井さんは、安全地帯の専属的作詞家でもあったんですが、松井五郎さんの歌詞は、とにかくプロっぽく、洗練されていて、森さんとは対照的に、粗削りさは感じられず、むしろ綺麗でスマートで余計な贅肉が無いっていう感じですが、
以前、氷室さんが、松井さんの作品は最近シュールになり過ぎていて、
「何が言いたいのかよく分からない」と松井さん本人に言ったことがある
、とコメントしています。確か、FCの会報か、雑誌の記事か何かで読んだ記憶があります。

そして、ここしばらくタッグを組んでいる、その雪之丞さんの作詞の今回のSWEET REVOLUTIONですが、まず何よりも、
「RAPを競う鼠(rats・ラッツ)の様に」
「シェルターの隅で 怯えているだけじゃ」
「戒厳令の夜には 月が鳴いて愛をなだめた」
「“HEAVEN”と書いて<行き止まり>と読め!」
「何処へ行き着ついても 敵は自分さ」
「英雄の狼煙(のろし)上げろ」

などなど、例えば、
鼠(ねずみ)がrapを競うか?・・・とか、
シェルターの隅で、
戒厳令、
HEAVENと書いて行き止まりと読め、
英雄の狼煙、
とか、こんな言葉、俺の頭から出て来ないよ・・・・と、次元の違いを思い知らされた様な心地です。

かたやアマチュアと、かたやプロで百戦錬磨のベテランの作品を、同じ天秤で量ろうという意識自体がナンセンスっちゃぁナンセンスですけどね^^;

なんで、鼠がRAPを競うんだろ?、なんて。カーレースやマラソンランナーがrapを競うのなら話は分かりますが。
それから、今どき「のろし」って!・・・。そんな古く懐かしい言葉も、その曲中に居て決して格好悪くないんです。




それから、プロのスタジオのミキサーにかかると、やっぱり音そのものが水準の違う響きに生まれ変わっちゃうのかな~と。
今回の新曲、Drumの特に、バスドラムとスネアの響きが奥行きと重さが深くて重厚。
おまけにGuitarの音もこれまた深くて聴いていて耳の奥の方まで迫ってくる様な響き。
どちらかというと、今のJ-POPっぽい音とは対照的な、流行のJ-POPシーンにはあまり見かけない音ですけどね。前記事にも書いた、AMERICANカスタム?された典型的なビンテージROCKっぽいセンスみたいです。
聴いていて、第一印象が、懐かしさを感じる重たさと厚さです。

がしかし、このギターの音は決して安価なソフト音源で何とか賄おうと思っても実現が難しい音だったりするよな、と。
いずれにしても、LAに拠点を置いている氷室ックのAMERICAのエッセンスが濃く詰まった1曲である様な。

これ、今年の2月にリリースされる予定であったもののため、既にその頃には、音作りもすっかり終えていたものですよね。氷室さんの音の完成度はもう、さらに一足先を行って居るんでしょうけど。






  ヒムロックの超久々CM

この記事へのコメント