遅咲きの花

間もなく番組は終了する様なのですが、先日、日テレ深夜の、みのもんたさんの番組「さしのみ」に、おすぎさんがゲストで出ていましたが、
ゲストがおすぎさんなので、当然映画などの話題になるわけですが、そこで、非常に興味深いコメントをおすぎさんがしたのです。みのさんに問いかけられて、ゆっくりと、
「・・・う~ん、でも、本当に才能のある人って言うのは出てくるの遅いわね・・・」
と、重い落ち着いた口調で言われてました。

遅咲き.jpg

という印象的な一言。数々の芸能人や役者さん・俳優さんなどと交わってきた上での実感なんだろうけど。
この一言を聞いて、何となく、妙に勇気付けられたというか、安心してしまったというか。
「・・・色々今どきの若い子達がいっぱいでてるんだけど、この子達、その先どうすんだろうって、時々思っちゃうわよね・・・」というニュアンスで、付け足しもされていました。

俺は・・・と言うと、これまでは、なかなか色んな局面で、恵まれてきた、打ち勝てて来た、とはとても言えない道程だったわけなんですが。






「遅咲きの花は大輪を咲かせる」とか「大器晩成」なんて言葉も世間にはありますが、音楽の道で世に出るという目標に向かって、一つ、TVからわずかながら鋭気をもらったかの様な。

九星気学の示す様に、9月の1ヶ月間を乗り切って、10月以降に巻き返しを図りますかなと。
停滞運である9月の1ヶ月間で、残りの1曲を済ませちまおうと。




この記事へのコメント