今月さえ乗り切れば

先日に続き、九星気学の話ですが、九星気学は節分を1年の境界線とします。
節分は、確か、旧暦のお正月だったと思いますが、旧暦で数えたお正月を区切りとするので、2/3が九星気学でいう新しい運気の1年の始まりだと解釈します。

ちなみに9月は、9/8~10/7までを9月の1ヶ月間と考えますが、その1ヶ月間さえ乗り切れば、僕の九星での場合、10月以降は来年に渡って登り調子のサイクルがやってきます。
まぁ、来年のしょっぱな1月は下降する運気らしいのですが、来月の、10、11、12月は上昇していくサイクルの様ですから、上昇気流に乗って過ごしちゃえば何とななるかなと。

いずれにせよ、今月は高嶋易断総本部監修の本によると「停滞運」と称している様で、運気低迷の様です。
なので、その1ヶ月の間に、次の曲を何とか仕上げるまでしてしまおうかと目論んでいます。
自分で自分に課した今年のノルマは、
1.喉の完全完治
2.オリジナル曲5曲を完成させる
3.作曲ソフトを使いこなす
の3つでした。
その中で、1.番だけは、運任せ、天任せ的な要素が99%ほども占めます。
何せ、思いつく努力は一通りやっていて、声帯のピクつく振動の不自然さは、あとどうすれば解決するのか、
暗中模索の試行錯誤状態ですから。
3.番は、今でこそ、もうYAMAHAのサポート窓口に頼る頻度が激減していて、ここ最近はもうサポートを利用していないので、難解な事をやろうとしない限り、ソフト使いは慣れてきています。
ので、残るは2.番の、オリジナル5曲・・・という目標を残すのみ。
それも、もうあと1曲です。9月いっぱいでの完成は厳しいかもしれませんが、10月中旬までには仕上げようと考えています。

次の曲は、高校時代に歌詞の原譜を最初に書き下ろした、とっておきの曲です。
自分の中に特別な思い入れのある1曲なので、いつも以上に冷静にかつ大胆にアイディアを練り込んでいこうと思う1曲なので。

とにかく、この1ヶ月を乗り切れば、昇り調子のサイクルがやってくるんだなと。

miyabikaiun1


この記事へのコメント