人の歌の方が簡単?

自分のオリジナル曲の歌入れをしていると、如実に分かって来た事ですが、ちょっとお恥ずかしい話?ではありますが、
(大変語弊があるかもしれない、又、すごく失礼でもあるかもしれませんが)自分の歌を仕上げていくより、人の歌を歌って居る方が、簡単というか楽である気がする今日この頃です。

特に、高校時代からずっと歌の練習に使っていて、こよなく愛してやまない安全地帯の歌の方が、ずっと楽(?)だったりしています。
単に、歌い慣れている、散々何百回と歌ってきたから、その曲のツボ?を分かってたり、苦手な曲をもう全部自分で分かっている?からかもしれませんが。

自分の歌を歌ってみて、回数を重ねるほどに、歌い回しの要所がだんだん見えてくるのは見えてくるんですが、特にテンポの早めな、160以上くらいの曲になると、歌詞の紙に書き込んだ赤ペンのチェック通りに歌おうとしますが、なっかなか難しいもんがあります。自分の歌なのに?、と思われるかもしれませんが。

ただ、人の歌でも、いつも歌の練習で使っている氷室さんの曲は、難しいんですけどね・・・。




喉が完全完治すると、また変ってきて、実は、別に自分の声に合っていないのではなく、単純に喉が元通りの自然な状態ではなかったから・・・って落ちかもしれませんが。
声の音域的には、半音しか違っていないから合わない事無いんですが。


この記事へのコメント