三神合祀の大宮神社に正月詣で

市原市に在る大宮神社

とある地方に在る大きい規模ではない神社なのですが、お正月三が日ほどはそこそこ混み合う為、ゆっくり落ち着いて本殿での参拝をするなら1~2週間ほど経ってから・・・という神社です。
で、行って来ました。

大宮20200111.JPG

お正月も十日を過ぎるともう参拝者はまばらでした。

ここには半期に一度、1月と7月初旬にお参りしていますが、当方は本殿での祈願事が多い為、5分ほどかかったりもしまして、なので、お正月三が日の参拝は、お参りの本殿までそこそこ行列が出来ますもので、不都合なものでして。



ここには、天照大神様、大国主命様、国常立命様、の3神が合祀されています。それ故に、そこそこの参拝者が在る模様です。
1地方のとある一角の静かに落ち着いた神社です。

そして、同系列管理に当たるらしき、同じく市原市惣社戸隠神社へもお正月の参拝と。

戸隠20200111.JPG

ここは、長野県の本家の戸隠神社の分社です。ここにも勿論、思兼命(おもいかねのみこと)様が祀られています。
思兼命様は、岩の中に潜り隠れてしまった天照様を何とかして外に出てきてもらおうと、策略を企てた神様という事で、知恵の神様と言われています。






当方は、もっと頭脳明晰になりたいと、知恵が欲しいと、アイディア豊富になりたいと願って半期に一度、訪れています。



年間の内で、行き付けの神社は他にも幾つか在りますが、地元の最寄りの神社とはまた違って神々の総本家の別館みたいな心地で、今年もやっと行けたな~という気分になれるのです。




この記事へのコメント