初タピオカミルクティー

こういうモンだったのね・・・。

タピオカは過去、何回か流行ってますが、ほぼ興味はありませんでした
グミもどき?・・・というか、デンプンの固まりお菓子というか、タピオカ自体が何かすごい食材のスグレモノではないと解っていたので、世間がなんでこんなに騒いでいるのか?盛り上がっているのか?が理解できなかったのです。

まぁ今でもそうですが、そろそろ今のブームも去る頃なのだろう・・・と、市場から消えていく前に、取り敢えず1度、食してみようかな・・・という興味がちょっとだけ湧きまして。

それで、イオンで買ってみました。

タピオカ.jpg

原宿とか、都会のタピオカ店で買わないと、本物が分からないよ?と言われそうですが、そんなに大して大差無いでしょう・・・という事で、スーパーの王道?のイオンのモノを買ってみまして、食べてみました。

・・・ら、これ、美味しさの大半は、ミルクティーの味わいの良さなのじゃないかな?・・・と思えているところ。
タピオカ自体は、食感こそツルツルぷにゅぷにゅで歯触りは良いですが、ほぼ無味っぽいですね。
混入されているタピオカの量が半分以下で良いかな・・・と思えたりしました。ほぼ、菓子ですね。それがジュースに混ざっているだけの様な。






ふ~ん、こんなもんか、と。驚きとかそういうのは無かったです。
大流行している理由は、あんまり解りません。ま、マスメディアが上手かったのかなと。

これ1本飲みきらなくてもそこそこお腹いっぱいになります。
ま、当方は1本でいいや。




ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント