警戒心丸出しの子供の顔

当方がいつもウォーキングするコースには小学校があります
それで、その小学校沿いの道を進むと、時々、その小学校の生徒らしき子供が、「こんにちは」と挨拶してきます

どこの誰だか知らない子供なので、聞こえはしますが当方に言ったのか一瞬分からず、声の方を向いて「こんにちは~」と返すと、その顔が、警戒心丸出しの様な顔で、思い切り身構えながらこちらに挨拶している・・・という光景なのです。

最近は、新潟の7歳の女児の事件なども記憶に新しいと思いますが、それで周囲の怪しい大人に警戒するのは解りますが、それでも、警戒しながら見ず知らずの大人に頑張って挨拶するというのが、そんなに敢えて頑張って知らない大人に挨拶をわざわざしなくてもいいんだけどな~と思いますよ。そこまでしなくても・・・と思います。




以前も、ウォーキングしていて、時々、知らない子供に挨拶された事は何度かあり、最近の学校の指導方針なのかなぁと疑問に思いましたが、警戒しながら必死に挨拶するって・・・と。


この記事へのコメント