佳作でも、人の目に触れるという事

当方の知る限りで、多分、国内最大規模の作詞講座、日本音楽アカデミー

その月イチの会報であるMF(ミュージック・フォーラム)というのがありますが、佳作の常連!(?)というくらい、当方の作品は、ちょくちょく佳作に載って来ます。

佳作だから・・・といちいちガックリしてもしょうがないのですが、しかし、作詞家デビューが決まって世に出ていくケースが一番多いのもまた、佳作からが一番多いのだそうです。へ~、そうなのか・・・という感じですが。

まぁ、会員数がかなり多い講座ですから、その中で、金賞・銀賞・銅賞に入るのは、かなりの実力、才能、運が伴わないとですが、それでも佳作でも、人目には触れるのです。
応募してもしても、人目にも触れない人もこれまた大勢居ますから、佳作はチャンス!でもまぁあるんですけどね。

でもって、4月号、今回も(?)、佳作に載りました。まぁまぁまぁ^^。

sakushi1.JPG    sakushi2.JPG

作詞は1日にして成らず、・・・と言いますか、たった数日数ヶ月やらでなんとかなるもんじゃありませんから、日々コツコツと頑張って参ります。









  ミュージシャンが育たなくなってしまう… JASRACの方針

この記事へのコメント