生姜とオリーブオイル

以前、確かTBSの「情熱大陸」という番組で見た事だと記憶していますが・・・

松任谷由実さんがレコーディングする時に、スタジオ入りしてから持ち合わせのポットでしょうが湯を作って飲んでいた場面を思い出して、それで、なんとなくですが、真似してやってみようと思いました。

生姜っていったら、ヒリヒリと辛く、「・・なんで生姜が喉にいいんだろ・・」と、蜂蜜とかとは正反対なイメージがあったので半信半疑でした。逆にのどに悪い・・・っていう先入観でしたから。

でも、生姜飴ってのもあるし、風邪ひいた時には生姜湯を飲むとか、生姜湯でうがいして、その後そのうがいした湯を飲んじゃってもかまわないらしき事も聞いた事があって、ことごとく自分が持っていた先入観とは反対だな~と。

で、実際やってみました。みそ汁に小さじ一杯分入れたり、ポタージュカップスープとかに小さじ一杯分入れたりとか。中には、紅茶に混ぜて入れて飲む人とか居るみたいですね。自分はさすがに紅茶には入れていませんが。

まだ初めて3日目ほどですが、そうすると、気のせいかどうか、まだ確証がありませんが、明らかに声の通りがいい・・・
と言うか、少し、声がツヤを帯びてきた様な・・・。声の輪郭に丸みを帯びてきた様な気がします。

普通、朝の寝起きって、喉が起きていませんから声の通りが少し鈍いんですが、朝、寝起きからシャキッとしているんです!・・・と思います。

それから、これは生姜がそもそも持っている効果だというのは、喉への効果以外で知っていたので、やっぱり!って感想ですが、身体の内側からジワジワと暖められている感じで、やや火照り気味になった感じで熱いっす。喩えれば、野菜が遠赤外線で暖められている・・・様な感じで、体温上昇の効果が出ている模様。
そんなこんなで、風邪も引きにくくなるんだろうな、と。

しかし、以前よりこちらでも語りました喉の症状は、まだ完全完治していないんですが、これで完治しきれていない喉でも、けっこう調子よくVocal録音出来そうな。




僕は以前より、少し胃の調子が良くなく、ひょんな事で、オリーブオイルに胃酸の出過ぎやもたれをコントロールする効果があるのをTVでやっていて、大さじ一杯分摂ればいいという事で、サラダや果物、パスタなんかに直にかけられる、というタイプのものを早速買ってきて試してみました。
ユーグルトやカップスープや、その他諸々、直接混ぜちゃえそうなものにかけて食べてみたら、心理的な思いこみの効果もある程度あるのかとは思いますが、弱い胸焼けとゲップが半減しました~!

パタッと治まった?感もちょっとあり、胃薬を1粒も飲まずにまる1日過ごしたなんて、何年ぶりか?何ヶ月ぶりか?・・・なんて。
ゲップが断続的に出始めた時にも、胃薬を飲まずに、ポタージュスープに小さじ一杯分弱のオリーブオイルを混ぜて飲んだら、間もなくゲップが止んだので、効果ありだな、と。この波に乗って、胃の調子が治っちゃえばいいんだけど。









  結構効きます!ツボへの刺激!

この記事へのコメント