朔日参り 3連発

今日は8月1日、そぅ、ついたちです。
という事で、恒例の朔日参りです。

まずは、自宅の部屋の神棚と、ご先祖のお位牌に向かって。

神棚のお社の扉は1~2時間ほど開けます。中のお札達を外気に充てて、風通しを与え、「こんにちは」させてあげます。
画像では、御札の部分にモザイクをかけております。
そして、ヒーリングCDをかけて、清め塩を交換して、お香を焚き、ろうそくを点けて、そしてお祈りの文言を唱えて・・・と、やることは毎回同じではありますが、これをやらないともう落ち着かなくなっております。

お祈りは毎朝行っておりますが、ロウソクを焚いたりお香を点けたりは、朔日と15日だけです。

KIMG0319.JPG

そして、お位牌には、お線香と、お水と、念仏を唱えるのは毎日ですが、ついたちなので、ロウソクを焚き、お菓子を供えました。お菓子はついたちに限らず時々供えていますが。

どうしても、目に見えるものではないので、御本尊に向かって念仏を唱えてはいますが、それが、遠く天のご先祖様方へ届いているのかなぁ・・・と、どうしても思ってしまいますが。

画像では、お位牌の名前の部分にモザイクをかけております。

KIMG0320.JPG

そして、3つ目は地元最寄りの神社です。いつもの八幡神社です。
本殿を間近から撮るのはタブーと最近知り、撮るなら鳥居の外側からだけが望ましいらしきなので、今回からそうしています。

KIMG0322.JPG

鳥居の左端に立ち、合掌してお辞儀をして鳥居をくぐります。左足から先に出して進みます。





参道の左側を進んで行きますが、当方がお参りしている地元の八幡神社は手水舎が、お正月以外、常に枯れているので、水道も出て無くて止めている様ですので、小さなペットボトルに自分でお水を入れて持参しています。それで、手を清めて口をすすいでいます。

本殿へのお参りと、ご神木へのお祈りを済ませて、せいぜい賞味10分やそこいらですが、まぁそれで気分が落ち着きます。

そんな感じの1日参りでした。





  スーパームーンだったのか!・・・

この記事へのコメント