勉強疲れじゃなくてただのPC疲労っぽい

去年の夏頃、HTML5とCSS3のコードを書くという勉強を民間機関のレッスンコース受講でやっておりました。
その時、「勉強するってこんなに疲れるものか?…」というくらいズッシリと疲れていました。
がしかし、それがどうやら勉強していたからに依る疲労ではないっぽい気がしてきました。

最近ずっと、ネットビジネスを強化する為に、日々PCをいじっているのですが、情報収集はしているものの、特別何かを勉強しているわけではないのに凄く疲れます。
賞味にすると、日々、そんなに何時間もやっていませんが、画面と睨めっこしていると、視神経から伝って脳にかかっている負担は結構なものの様ですね。お昼間に30分や小一時間ほど横にならないとしんどいくらいです。脳疲労ってこんなにしんどいものなのかな…と改めて思ったかもしれません。

心身がズシリと疲れます。肉体的だけじゃなくて、気分的にもかなり疲れます。ボンヤリと憂鬱感も襲ってきますから。




目からの疲労をなるべく抑えようとf.lux
という無用ツールを見つけてこれを愛用し始めて既に半年以上か、今となっては効いているのかいないのか、良くわからないですが、目からの疲労、脳疲労はバカにならないです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント