井上尚弥、ボクシング史上、最強じゃないだろうか・・・

現・WBA世界バンタム級チャンピオン井上尚弥 選手。

この井上尚弥選手の存在を知り、試合を1~2回視た当時、結構強い若手の楽しみな選手が出てきたな・・・と思っていた程度でしたが、当方が見た目、思うに、もしかしたら、これまでのボクシング史上で最強の選手なのではないか?とまで思います。

身長こそ高くないですので、今後階級を上げていくにしても、フェザーくらいまでは行けるかなとは思いますが、軽量級から始まり中量級ほどまで駆け上がるとして考えても、その「強さ」を尺度として客観視して測ってみた場合、過去の世界中のボクサーで比べてみて、井上尚弥選手が最強なのではないか?と思えるこの頃です。

井上尚弥.jpg

過去、メキシコに、リカルド・ロペスというチャンピオンがいました。
もう既に引退していますが、プロ・アマ通して1度も負けた事が無いまま、最軽量級にして最強と言われた、誰が挑戦しても勝てそうに思えないチャンピオン。そんな印象でした。

このロペス選手と井上尚弥選手は、タイプこそ違いますが、総合的に視たら、井上尚弥の方が強いのではないか?とさえ思えています。

ロペス選手は、頻繁にフットワークを使って回り、そして、攻撃する時の一つの特徴として、タイミング、間合いが抜群だったりします。
更に、相手からのクリーンヒットをまともにもらっている場面などをまず視た事がありません。ディフェンスが良かったというべきか判りませんが、恐らく足で防いでいたのだろうと思います。

井上尚弥選手の特徴は、何と言っても攻撃力だと思いますが、フットワークもあるでしょうし、相手のパンチをもらうもらわない以前に、まともにもらう前に自分が攻撃しちゃって場合によっては既に試合が終わってる、というケースかと思いますが、
ディフェンスの良さがどの程度か?視る前に終わってるというケースが大半という事になりましょうか。

なので、ディフェンスの良さ、スタミナ、打たれ強さ、などなどはまだハッキリ判らないというべきか、どう判断すべきか、というところかも知れず・・・。






ロペスと井上選手で唯一、ハッキリ違うのはスピードの差かな、と思えます。
ロペスは、パンチのスピードは、視ていて決して速いとは思いませんでした。遅くはないですが、「速さ」というと、普通かなと。
しかし、井上尚弥は速いですよ。射程に入ったら相手がまともに避けるのも、かなり巧い選手じゃないと無理じゃないかなと。

この様な井上選手ですが、過去のボクシング史上で視ても、最強と呼べるんじゃないかな、と。

落差が激しい?女子バレーNewヒロイン 黒後愛 選手

世界バレー・女子大会が始まる前の、直前まで流れていたTVのCMからの印象だと、とにかく明るいムードメーカー的な人柄なのか?と思っていたら、いざ大会が始まってみると・・・。

表情だけを視ていたら、ま~落差が激しいというべきか?
点を決めた時とか、仲間が決めてくれた時とかの表情と、何もない時の表情が、まるで別人格かの様な様相の選手ですね。

それまでの絶対的エースの木村沙織さんが引退した今、ファンは、女子バレー・日本代表の中に新しいヒロインを求めたがるでしょう。
スター的存在の選手を求めるはずなのです。それは、バレーボール界のみならずの事象だと思いますが、しかし・・・

勿論、サオリンと、黒後愛さんは、違う人物なのだから、同一視する様な目で視るのは黒後選手に対して酷だと思います。
黒後選手自身、サオリンに憧れているでしょうが、だからとて、同じものを求めるのもどうか?と思います。
違う人、違う個性、違うスタイル、違う強さを持っているでしょうし。

しかし、当方が注目したちょっと不思議だな・・・と思うその点とは・・・

タイムアウトしている時とか、相手側のサーブが始まる前のタイミングとか、カメラでしょっちゅう抜かれますが、何というか、無表情というのではないですが、覚めている様な、心ここにあらずかの様な、つまらなそ~な表情をしています。何というか、やる気無さそうな・・・。

まぁ、試合中に、終始ずっと、ニコニコヘラヘラしてなさい、という訳でもないですが、本当に、やりたくて、出場したくて、戦いたくてその場に居てるの?と思わず言いたくなる様な顔を、不意に抜かれる度にちょくちょくしてるんですよね。
そうかと思えば、勝った試合後のインタビューとかで応えている時の顔はまた普通の20歳の如くで自然に嬉しそうに応えています。
ま、何というか、落差が激しいという形容が適している気がしまして、こういう性格なんですかね。

黒後愛.jpg

ちょっとだけ、不思議なキャラクターにも視えます。


作詞のヒントのページを追加しました

当方の個人サイトにて、作詞のヒントのページを追加しました。

作詞の同人サイトに投稿されているアマチュアの方の作品に、時々、意見やアドバイスを投稿しております。

作詞の通信講座の受講、累計7年ほどの経験と、作詞だけならもうかれこれ20数年以上を数えており、音楽学校の通学時に先生から指導を受けた事などの経験から、幾つかアドバイスを載せていますが、その際に、まともに歌詞としての体裁を成せていない作品をそこそこ多く見かけます。

やはり、ある程度、先生や講師について教わった事があるのと無いのとでは、どうしても違いますし、落差は激しいものがあります。

そこで、どれくらいの人が参照するかは判りませんが、今までの経験で学んだ事を、テーマを細かく区切って作詞のコツやヒントとして個人サイトにページを追加しました。

間接的に、遠回しにでもお役に立てれば幸いです。




にほんブログ村 音楽ブログ 作詞へ


  ミュージシャンが育たなくなってしまう… JASRACの方針

秋分の日につき、惣社・戸隠神社へお参りに

市原市の惣社という地域に在る戸隠神社長野県の戸隠神社の分社です。

戸隠1.JPG

ここには、思兼命(おもいかねのみこと)という、智恵を司る神様が祀られております。

ここは、さすがに朔日参りの様に毎月で・・・とは行けないまでも、節目で行こうかと、今日は秋分の日、季節の変わり目です。

当方は、音楽の道をまだ諦めずに目指しておりますので、作詞などしていて、その為の智恵やアイディアや閃きが欲しいと日頃考えている事と、ネットビジネスで早く安定的にまともな金額を稼げる様になりたいと考えており、いずれにしても、智恵や閃きは欲しいところなのです。

戸隠2.JPG

それにしても、戸隠という名前こそ超有名でも、やはりどこか地方のとある片隅に在る神社だと、祝日の秋分の日だからとて、参拝者、誰~も居ません。まるで独り占め気分!・・・とはしゃいでもしょうがないところですが。




仮設ユニットトイレ以外は、普段からそこそこ小奇麗にされているみたいなんですがね。

ついでに稲荷大明神様も参拝してきましたが。

戸隠3.JPG

miyabikaiun2


  七夕願かけ笹くぐり