麻生太郎さんが大嫌い

冒頭、いきなりの私見な結論から入りそうになりますが、記事タイトルからしてもぅそのまま、その一言だけで終わりにしてもいいのですが、とにかく、当方は政治家・麻生太郎さんが大嫌いです。 年金100年安心問題や、2000万円必要になるなど、今、世間を騒がせている問題で、問題の元凶として挙がっている人物ですが。 まぁ、納税者・有権者全ての人の中で、麻生さんが好き、という人がどれくらい居るのか判…

続きを読む

面影はほぼ無くなった新生News23

今月の3日、2019/06/03から、TBS夜のニュース番組のNews23が、メンバーを刷新して始まりましたが・・・。 第一印象。 もぅ、News23だという面影はほぼ無くなりました。凡そもぅ別番組でしょうと視てます。 賛否というのは常に分かれるのがある意味自然で当然な事ですが、そして、この番組が始まった当初のMCである、番組のタイトルにもなっていた、筑紫哲也さんの系譜、らしさをあ…

続きを読む

作詞、改稿すると確かに良くなる

作詞の通信講座の会報が、毎回、月の下旬に届くのですが、そこに、「自由作品の部」という部門に応募した受講生の作品が沢山載ってきます。 金、銀、銅、秀作、佳作とランク付けされて掲載されるのです。 それで、当方は、いつも「佳作の常連」と自分で通称しているごとくに頻繁に佳作のページに載ってきます。 が、6月号の今回は秀作でした。それだけでも結構良い張り合いになります。 で…

続きを読む

モヤモヤさまぁ~ず2・福田典子アナが卒業してしまった・・・

テレビ東京の日曜日ゴールデンの街ブラバラエティー番組、モヤモヤさまぁ~ず2で、3代目アシスタントだった福田典子アナウンサーが、先日26日の放送をもって卒業しました。 とうとう、本当に卒業してしまった・・・。 う~、別に実際会った事がある訳でもないし、自分の奥さんでもないし、ましてや友達でもないしなのに、結構寂しい。 何というか、多少なりともの喪失感というか、在ったものが成り…

続きを読む

ライト級並のパンチ力

先日、日本時間の20190519の早朝、イギリスのスコットランド・グラスゴーで催されたWBSSのバンタム級の準決勝、井上尚弥vsエマヌエル・ロドリゲスとの試合。 当初、戦前にはロドリゲスは強いと言われていました。井上選手本人も「一瞬のミスが命取りになる」とか、メスメディアも含めて今までで最も強敵とか言われていましたね。 ボクシングファンの当方も、判定にはもつれ込まないとは思うが、前半…

続きを読む

ダイソーの歯磨き粉「デンタル333」を試してみた

100円Shopの品物には当たり外れがある、というのはまぁ誰しも承知な事でしょう。 たった100円なのだから、どれもが皆まともな商品だと思う人は決して多くはないと、想像が行き届く事と思いますが。 そこで、ダイソー、キャンドゥ、セリアと100円Shopは様々あれど、今回はたまたま歯磨き粉を切らしたので、ものは試しでDAISOの歯磨き粉「デンタル333」を買ってみた。 パッケー…

続きを読む

吉夢!?馬が夢に出てきた

昨晩見た夢に、馬が出てきた。 急にそんな話題を書いてどうしたのか?・・・と、唐突さに疑問が湧くでしょう。 夢でも、馬が出てくる夢は吉夢だという。 夢の中の状況は、夜。 窓を閉めようとした自分は窓の方へ行くと、茶色い大人の普通の体型の馬が居た。 普通の住宅地の一角に、夜の深い時間に、馬なんか居るわけ無いですから、さすがに夢の中では異常なシチュエーションもありですね。 …

続きを読む

令和初日の朔日参り

朝、起きて、平成が本当に終わったんだな・・・という細やかな感慨が、平民である当方の頭の中にも多少なりとも生じて来ました。 昨晩の0時頃、元号の跨ぐ時間に何をしていたか?なんていうと、もぅ寝ていました(苦笑)。 個人的には、普通に日にちが過ぎるだけだろう・・・事に変わりはないと言えば無いのですが、朝起きて、新たな1日が始まる時には、「あぁ、もぅ平成ではないんだな・・・、平成はもぅ終わったん…

続きを読む

逆戻り感満載? 令和・・・

ついに!とうとう!新元号が発表されましたね! されましたが・・・。 最初、見た印象が・・・。 「昭和に逆戻り?」 という感覚がどうにも付き纏いました。う~ん・・・。 画像引用=https://www.google.com/search?q=%E3%82%8C%E3%81%84%E3%82%8F&client=firefox-b-d&source=lnms&tbm=isc…

続きを読む

佳作の常連復活!?

受講している作詞の通信講座の会報は毎月の月末頃に翌月号が到着します。 それにしても、数千人数万人の受講生が居る模様ですが、そこに載る事だけでもそんなに難易度の低いものではないだろう・・・とは想像できます。 例え、佳作とは言えどもやっぱり載れば、それは嬉しいものですよ。 たまには銅賞とかに載ってみたい気はしますが、まだまだ実力不足なのでしょう。 ベテランの重鎮の有名…

続きを読む